一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.07.14 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

P!nk Beautiful Trauma Tourの会場はRogers Arenaでした。

ホテルの目の前の道をひたすら真っ直ぐ15分程度,行きも帰りも徒歩で安全に到着!

1日目は奮発してPitを購入したのでチケットはWill Callとしていました。

導かれるように会場の裏手に回り階段を下りたところでチケットを買い求める人を

発見し,ここでピックアップできますか?と聞いたら「まさにここだ」と。

3時頃空港に着き,ホテルのチェックインやら身支度をしていたら開場間際で

結構焦りました。チケットにゲート番号も書いていないので,どこにいけばいいか

聞いたら目の前の10番で大丈夫ですよと聞いて並んだら,その前にいた人が

「ここはエレベーターに並んでいるので違いますよ」と言ってきて一旦離脱して

列の先を見に行ったらやっぱり10番ゲートに達していて騙されましたorz

語学力が不安だとこういう場面でも後手に回ってしまいますね・・・

入口では空港にある金属探知ゲートをくぐらされるのですが,荷物は脇に置けと

指示されコートの内側に斜めがけしていた私はパニックになりながら通過。

カバンの大きさも制限がありますので事前に確認しましょう。

 


 

命からがらPitに入るも位置取りに迷いが。真ん中の花道だと見上げる形となります。

真ん中がベストでしょうけど後れをとった私は最前には行けません。

サイドだと上のような形で見晴らしがいいのですが,来てくれるかな・・・

しかしカナディアンを掻き分けて前に出る勇気もなく。しかし海外で控え目はだめですね。

本当は2日目のPitがよかったのですが,この公演は悪名高きLive Nationが仕切っており

変動相場制になっていて倍額の値段になっていたんですよね〜

どこかの国でもう一回Pitに入ってボードも作って持って行ってイジられたいですわ!!!

 

6時半開場・8時開演ですが前座があるのでP!nk登場は9時10分頃でした。

一瞬たりとも見逃したくないので飲まず食わずでいたのですが,セキュリティスタッフが

やってきて「周りの人は飲んでいるけど飲まなくて大丈夫か?」と声をかけられる始末w

きっと途中でトイレに行きたくなると困ると言っても通じないんだろうなーーと思いながら

場所を取ってくれるというので脱出し万全を期すためにもう一回トイレットタイム。

そして何も持たずに帰ってきた私を見てびっくりして「俺の飲み物を飲むか?」と

勧められましたが,紫色の液体だったので断ってしまい申し訳ないw

 

そして,遂にその時がやってきました!Get The Party Started☆

シャンデリアにぶら下がっているP!nkに早速目頭が熱くなりました。

そうそう,これを見に私ははるばるバンクーバーにやってきたんだ!!!

アクロバットをしながら完全に生歌で感動しました。

トップを掴んでOhhhh!という声,笑いやブレスも聞こえてきて

P!nk本人が楽しんでいる感じにこちらのテンションもMAX!我を忘れて大合唱です。

 

 

このShowで最も盛り上がり万人から拍手喝采が起きたのはSecretsでした。

Beautiful Traumaのアルバム収録曲で単体で聞くとそこまで印象に残らないのですが

ライブでも眼前で繰り広げられる度肝を抜く空中パフォーマンスの情報処理に手一杯となり

やはり曲が耳に入ってこないという異次元の体験をすることができました。

2日目は意外な場面に出くわすことになりました。

最初に軽く吊り上げられるところで明らかに1日目で浮いたタイミングでは動かず。

あれれと思ったらP!nkが「えーと,上げてもらえる?」と指示出し。

でも既に曲と合っていないし命を賭けたパフォーマンスなだけに続けるのかと心配していたら

P!Nk本人が「ストップ。これでは私の見せたいレベルに達していないわ。

もう一回最初からやり直していいかしら?皆さんの貴重な時間をいただいてすみません。」

誰かの庇護の下ではなく指揮官として責任を負っていることが垣間見え,

むしろ観客のボルテージはますます高まっていくのでした。

このツアー,最後にエンドロールが流れるくらい作り込まれた内容なのですが,

各自の努力でギリギリのところで成立している凄みがあります。

作り込まれているのに1日目と2日目でセットリストも違ったんですよ。

一体どこまで突き詰めるのか!

 

 

私が大好きなTryに至ってはあの強すぎるPVの振付をステージ上で再現という。

もう涙が溢れて止まりませんでした。PVは最も美しい上澄みを見せるものという固定概念で

再現などとても不可能であろうと思っていたからです。軽々とこなしてみせるP!nkは

世界最高峰のエンターテイナーの一人であると確信しました。

導入部分のホーンテッドマンション風ゴシックなアレンジもマッチしていて,

そこかしこに創意工夫が張り巡らされています。

日本で知名度が高くないのが本当に悔しい。皆さんに見て&聞いてもらいたいです。

AdeleもP!nkのステージを絶賛していますし,海外ではアーティストからのリスペクトで

よく名前が挙がるお人なんですよ〜

 

 

P!nkのストイックな姿勢,自分の意見を曲に反映できる力はSiaに通じるものがあって

歌い手の重要性を痛感します。Beautiful Traumaの代表作とも言えるWhat About Usは

アメリカの現政権のやり方に警鐘を鳴らし多様性を重んじようというメッセージが

じーんと心に染み渡る一曲です。PVの群舞もしっかりと再現し何とかっこいいことか!

 

2日目の全体像:衣装替え・舞台転換時の映像も作り込まれていて見応えがあります。

1日目の近影:一挙手一投足を食い入るように見ていました。

 

ステージの後半でダンサーの紹介をするときに嬉しいハプニングが!

何と娘のWillowちゃんが飛び入り参加^^

P!nk顔負けの連続側転を披露し末恐ろしい身体能力に会場は大揺れでしたよ。

Willowちゃんと言えば,MTV VMAでMichael Jackson Video Vanguard Awardを

受賞したときのスピーチがとてもとても感動的かつ説得力がありました。

「私は最も醜い女の子だわ,男みたいだし」という我が子の発言に

”誰が言った?!そいつをドついていいかしら?”と,らしい考えを示しながら

スーパーササダンゴマシン(マッスル坂井)を彷彿とさせるパワポのプレゼンテーション。

たくましすぎるという世間の声も把握した上で,Missundaztoodのときに感じた迷いを

吹っ切っての不退転の刈り上げなんだと知り自分もショートヘアなので勇気づけられました!

extraordinaryな環境に違いない中でも彼女は彼女なりに一生懸命に

「お母さん」をしているんだなぁと感慨深くなりました。

世界中のアリーナを完売させるのを見たことがあるかってめちゃめちゃ痺れますわ・・・

 

“I know I don’t have a lot of time, but if I may tell you a quick story.

Recently, I was driving my daughter to school

and she said to me, out of the blue, ‘Mama?’ I said, ‘Yes, baby?’

She said, ‘I’m the ugliest girl I know.’

And I said, ‘Huh?’ And she was like, ‘Yeah, I look like a boy with long hair.’

And my brain went to, ‘Oh my god, you’re six.

Why? Where is this coming from? Who said this?

Can I kick a 6-year-old’s ass, like what?’

But I didn’t say anything.

Instead I went home and I made a Powerpoint presentation for her.

And in that presentation were androgynous rockstars and artists

that live their truth, are probably made fun of every day of their life,

and carry on, wave their flag and inspire the rest of us.

And these are artists like Michael Jackson and David Bowie

and Freddie Mercury and Annie Lennox and Prince

and Janis Joplin and George Michael, Elton John,

so many artists — her eyes glazed over.

But then I said,

‘You know, I really want to know why you feel this way about yourself.’

And she said,

‘Well I look like a boy,’ and I said, ‘Well what do you think I look like?’

And she said,

‘Well you’re beautiful.’

And I was like,

‘Well, thanks. But when people make fun of me, that’s what they use.

They say I look like a boy or I’m too masculine

or I have too many opinions, my body is too strong.

And I said to her, ‘Do you see me growing my hair?’

She said, ‘No, mama.’

I said, ‘Do you see me changing my body?’

‘No, mama.’

‘Do you see me changing the way I present myself to the world?’

‘No, mama.’

‘Do you see me selling out arenas all over the world?’

‘Yes, Mama.’

OK! So, baby girl. We don’t change.

We take the gravel and the shell and we make a pearl.

And we help other people to change so they can see more kinds of beauty.’

And to all the artists here, I’m so inspired by all of you.

Thank you for being your true selves and for lighting the way for us.

I’m so inspired by you guys.

There’s so much rad shit happening in music.

And keep doing it. Keep shining for the rest of us to see.

And you, my darling girl, are beautiful, and I love you.

Thank you, MTV. This is a really special night.

Thank you, Ellen. I couldn’t love you more.

Thank you guys. Goodnight.”

 

 

数々のアクロバットのフィナーレはSo Whatです。

最大のヒット曲と思いますし別居中の夫を出演させたPV(その後にヨリを戻す)は

大暴れするP!nkに爆笑すること必至な作品でいつ見ても元気が出るのですが,

Beautiful Trauma Tourでのアレンジも凄すぎて会場の全員が満面の笑みになりました!

こんな近くまで体を張って来てくれるなんて最高じゃないですか。

ガガちゃんでもこの領域には挑めないのではないかなぁ。

並外れた運動神経に感服いたしました。このレベルは見に来てお釣りが来た感じですわ。

 

 

アンコールはこざっぱりと白いTシャツにデニムスカート(2日目はスカートとパンツの

合体したタイプだったような)に着替え,Glitter In The Airを歌い上げます。

2時間弱の公演時間,肉体を酷使しているのにピッチのずれや声量の衰えはなく

神々しさすら感じつい拝んでしまったくらいです。

2分40秒辺り,Willowちゃんが大仕事を終えたお母さんを迎えに来て

P!nkが抱っこしてステージから去るという完璧な演出に

カナディアンも特大のオーマイガーを発してましたわ。こんなお母さん,不世出ですよ。

 

 

P!nkが全身全霊で楽しませてくれるBeautiful Trauma Tour,帰国して両親に見せたら

笑い転げながら「これは見に行く価値のある公演ね!来日してくれたら行きたいわ〜」 と

認定されましたw

いや,ほんとここまで肝が据わっている人はそうそうお目にかかれないですよ。

若かりし頃は親にも学校の先生にも嫌われどこにも居場所がない,別の誰かになりたい

と歌っていた彼女ですが今や立派に理想の女性像として崇拝される地位を築いていて

私からは尊敬の念しかないです。現状に満足せず努力することの大切さを教えられました。

ぜひぜひP!nkを聞いたことがある方には生で鑑賞していただきたいし,

このツアーはパッケージ化すべきだと強く推奨いたします!

 

デジカメで写真を撮っていたら自動でモードが選択されるのですが

P!nkにピントを合わせると「赤ちゃん」となっていたことを追加でご報告いたします。

 

お肌つるつるそうでしたもの!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

  • 2019.07.14 Sunday
  • -
  • 19:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM